花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空色の踊り子

エゾエンゴサク
山を彩るエゾエンゴサクの花は、
春の訪れを喜ぶ踊り子のような躍動感を感じさせます。
この花もスプリングエフェメラルの仲間で
1年のほとんどを地中で過ごし、
雪解けの一時しか地上に姿を現さない花です。
エゾエンゴサク

エゾエンゴサクは、北海道と東北地方の主に日本海側に分布するケシ科の多年草で、
山地の少し湿った林床や林縁に生育しています。

エゾエンゴサク

花期は4~5月で草丈は10~20cm。
茎の上部に青紫色の筒状の花を咲かせます。
色の変化が大きく、微妙に色が混じり合ったり空色や白花も見られます。
今年見た、澄み切った空のような色の花がとても印象に残りました。
 
エゾエンゴサク

昨年見つけた雪の妖精のような白花のエゾエンゴサクも素敵でした。

エゾエンゴサク

エンゴサク(延胡索)は中国産の薬草で、江戸時代に漢方薬として伝えられました。
地下にある塊茎を活血・鎮痛薬として用いるそうです。
日本にあった野生種は薬効が弱いので中国産が良いとされたそうです。

エゾエンゴサク
 
エゾエンゴサクの仲間にヤマエンゴサクがあります。
同じような環境に育つので、見分けがつかず迷ってしまいます。 
図鑑を調べたら、簡単に見分ける方法が載っていました。

ヤマエンゴサク

花の付け根を見て下さい。
苞と言う小さな葉があり、この葉の形がエゾエンゴサクは楕円形です。
ヤマエンゴサクはギザギザの切れ込みがあるんだそうです。
上のシロバナがエゾエンゴサク、薄紫の花はヤマエンゴサクですね。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。