スポンサーサイト

花オジ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by花オジ

月山スキー場オープン

花オジ

-
湯殿山と姥ヶ岳

夏スキーのメッカ、月山スキー場がオープンしたので出掛けてきました。
豪雪の月山は他のスキー場がクローズした4月からがスキーシーズン、
たっぷり残雪が残る天然のゲレンデを滑る事が出来ます。

月山スキー場

今日はオープン最初の日曜日です。
駐車場には沢山のスキーヤーが集まっていました。
ネイチャーセンター前に帰りの車をデポして姥沢へ、
今回も師匠さん、usamiさん、ひろ父さんのテレ3人衆とご一緒です。
朝の天気が悪いので当初の計画を変更、
姥ヶ岳から石跳川沿いにネイチャーセンタまで滑る事になりました。

雪上車

スキー駅に向かって歩いていると民宿前に雪上車が止まっていて、
リフト下駅まで無料でスキー板を運んでくれるそうです。
人間は運べないので歩いて下さいとのこと、
スキーを担がないですむので楽ちん・・・のはずが、なにげに疲れる坂道です。

月山スキー場

リフトに乗る頃から風が強くなり上駅に着いたらガスで何も見えません。
軟弱モノの花オジ一人ならこのままゲレンデを下るトコロですが、
師匠はシールを貼って黙々と歩き始めます。

姥ヶ岳山頂はガスと強風で何も見えません。
ザックから出した地図が破れそう!
磁石で滑る方向を確認して『いざ、出発!』

視界不良に重めの雪で大苦戦。
離れると姿が見えなくなるので、師匠の姿を追って滑ります。
石跳川に着くまで写真を撮る余裕ナシでした~。(汗;)

石見堂山

石跳川で休憩しながらこれからの行動を相談します。
天気が急速に回復して来たので湯殿山方向に登り
景色の良いところで昼食にする事になりました。

石跳川対岸の急斜面をジグザグと登ります。
見晴らしの良い所まで上がると雲が消えて
南方向に朝日連峰の山々が姿を見せてくれました。

ブナ林

南斜面のブナ林上部でまで登って、ランチタイム。
今日も熱々の天ぷらそばで暖まりました。
usamiさん、ごちそうさま~♪

ブナを見上げて

見上げると雲1つない青空が広がっています。
身体が温かくなると眠くなりますね。
ちょうど日も射して、このまま昼寝をしたい気分でまどろみます。

ネイチャーセンター

帰りはブス沼から焼山尾根を歩き皮松谷地でコーヒータイムにしました。
皮松谷地では、青空をバックにした湯殿山と姥ヶ岳のツーショット、
朝の姥ヶ岳がウソのような穏やかな表情の月山です。(1枚目の写真)

ネイチャーセンターに到着すれば、今日の山歩きもオシマイ、
傾いた午後の光に優しい表情を見せる湯殿山に別れを告げました。
下山後は、水沢温泉で汗を流して帰りました。

マップ

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。