花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タネツケバナ

タネツケバナ

もう農家では田植えの準備が始まっているのでしょうね。
白いタネツケバナを見ると、
田植え前の代掻きで掘り起こされた田圃を思い出します。
タネツケバナ

タネツケバナ(種漬花)は、田の畦や湿地に咲く雑草です。
種籾を水につけて田植えの準備をする頃に咲くので名付けられました。
上を向いた枝先が途切れたような種の形が特徴ですね。

タネツケバナ

図鑑で調べると、タネツケバナにもいろんな種類があることが分かりました。

タネツケバナは、オシベが6本で頂きの小葉が大きく、葉に毛があるそうです。
オオバタネツケバナは、草丈が高くて頂きの小葉も大きく、葉に毛がないので見分けるそうです。
ミチタネツケバナは、オシベが4本で種が花の上まで伸び、丸い形の葉は小さく数が少ないそうです。

たぶん、1・2枚目はミチタネツケバナ、最後が普通のタネツケバナのようですね。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。