ユウシュンラン

花オジ

19052601.jpg
 
ユウシュンランは、ラショウモンカズラと同じ5月初め頃に咲いていた花、
小ぶりな花と退化した数枚の葉が特徴です。
  
19052602.jpg

道端にひっそりと咲いているユウシュンランは、仙台近郊の里山では良く見かける花です。
でも、年々花数が少なくなってきました。
環境の変化に敏感なんですね。

19052603.jpg

多くの花をつけたユウシュンランもありました。
これだけ大きくなると高さも20cmぐらいあるのですが、
数枚の小さな葉は変わりません。

19052604.jpg

花が開くと小鳥の雛が泣いているように見えます。
花の形は、ギンランと同じですが、
葉の形と咲いている時期で容易に見分けられます。

19052605.jpg

小さくて、かわいい花達です。
花の解説は、こちらの記事をご覧ください。

[科名]ラン科 キンラン属 多年草
[和名]祐舜蘭 [別名]
[学名]Cephalanthera erecta var. subaphylla 
[花期]5~6月 [草丈]10~15cm 
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply