ネコノメソウの仲間

花オジ

1904191.jpg

沢沿いの土手や湿った斜面に咲くネコノメソウは、
目立たない地味な色の花です。
見落としがちなネコノメソウですが、
違った特長の仲間がいます。
 
一枚目は、広く分布するネコノメソウです。
葉が対生でおしべが4本なのが特徴です。
私の撮った写真では良くわかりませんね。(;^_^A

19041902.jpg

箱型の黄色い花が集まったコガネネコノメソウは、
地味なネコノメソウの中で、良く目立つ花です。
葉の色が緑で、黄色いガク列片の中にオシベが8本あるのが特徴です。

19041903.jpg
 
ニッコウネコノメソウは、少し違った雰囲気の花です。
葉の先が細長く尖り、オシベの先が暗紅色をしています。
イワボタンの変種で、同じ変種のホクリクネコノメソウやヨゴレネコノメと
似ているので迷いましたが、
分布地の違いでニッコウネコノメとしました。

19041904.jpg

この花もニッコウネコノメソウだと思うのですが・・・?
雰囲気が全く違いますね。
 
19041905.jpg

花の咲き方はネコノメソウと同じですが、
葉が丸くて緑色をしているのは、マルバネコノメソウです。
この花は、特徴がハッキリしているのでわかりました。

19041906.jpg

日当たりの良い斜面で果実が裂けて種の出た花を見つけました。
この様子が猫の目のように見えることから名づけられたそうです。

19041907.jpg

沢に咲いていたネコノメソウを見つけた時、
沢山の花が集まっていてネコノメソウだと思いませんでした。
これだけ集まると、豪華に見えますね。

[科名]ユキノシタ科 ネコノメソウ属 (多年草)
[和名]猫の目草  [別名]
[学名]Chrysosplenium
[花期]3~5月 [草丈]10~15cm

 

関連記事
Posted by花オジ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply