花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草紅葉を見に

尾瀬ヶ原の草紅葉

10月9日
紅葉の山巡り第二弾、
尾瀬ヶ原の広大な草紅葉を見たくて燧ヶ岳に登りました。
真夜中の12時30分に自宅を出発、一般道をひたすら走り登山口の御池に5時30分到着です。
シャトルバスで沼山峠口へ行き長英新道を登る予定でしたが、
準備をしている間に6時発のバスに乗り遅れてしまい、
30分の待ち時間がもったいないので御池コースを登ることにしました。

熊沢田代と燧ヶ岳

御池の木道から樹林帯の道を約1時間で広沢田代に到着、茶色く色づいた草紅葉が綺麗です。
小休止の後、ふたたび樹林帯の登りに汗して50分で熊沢田代に到着しました。
御池コースは、見通しのない樹林帯の急登と、
明るく開けた湿原が交互に出て来るので気持ち良く歩けますね。

熊沢田代にはベンチがあるのでザックを下ろして休憩、
目の前に燧ヶ岳の山頂部が聳えていました。
でも、見えているのはホントの山頂ではないそうです。
その謎は・・・、山頂に着いてわかりました。

熊沢田代と会津駒ヶ岳

熊沢田代で休憩後はまたもや樹林帯の中へ、
山頂直下まで涸れ沢のキツイ登りが続きました。
途中の開けた所で振り返ると、熊沢田代のバックに会津駒ヶ岳が見えました。
おぉ~、檜枝岐村のHPにあった写真と同じだ!!
ナゼか、地塘が人の目ように見えてしまうんですよね。

ダケカンバの黄葉

御池では色づきが悪かった紅葉は、高度を上げるにつれて鮮やかさを増しました。
見上げた青空をバックにしたナナカマドの赤とダケカンバの黄色がキレイです。

俎嵓山頂

御池から3時間30分で俎嵓(マナイタグラ)に到着、
岩が積み重なった山頂には、数基の石祠と2等三角点がありました。

尾瀬沼とミノブチ岳

遮る物のない360度の眺め、眼下に尾瀬沼が見えました。
写真は尾瀬沼をバックにしたミノブチ岳です。
ダケカンバの白い幹と黄色く色づいた葉が綺麗でした。

最高峰の柴安嵓

隣に聳える柴安嵓(シバヤスグラ)は標高が2356m、
三角点のある俎嵓が2346mなので10m高い柴安嵓が山頂になるそうで、
東北一の高さを誇ります。

尾瀬ヶ原パノラマ

柴安嵓までは約20分、一旦下って登り返します。
俎嵓から半分しか見えなかった尾瀬ヶ原が、柴安嵓に登ると大パノラマで広がりました。
1枚目の写真がそれですが、もう一度パノラマ写真で見て下さいね。

尾瀬ヶ原の風景を眺めながら柴安嵓でユックリ休憩、
時間が止まってしまったような、いつまでも見ていたい眺めです。

青空

もういちど俎嵓に戻ってからも、今度は尾瀬沼を眺めてマッタリ
あぁ~、帰りたくないな~~~!!
雲もゆったりと流れていきました。

俎嵓パノラマ

燧ヶ岳の山頂部は、柴安嵓・俎嵓・赤ナグレ岳・ミノブチ岳・御池岳の5つの頂から成りたつそうです。
柴安嵓から見えた、左から俎嵓・御池岳・赤ナグレ岳です。

湖面に映る雲

意を決して下山しましょう。(笑)
帰りも同じ道を下りました。
連休後の今日も沢山の登山者が歩いたので登山道はグチャグチャ、
登りに比べてコースの印象は悪くなりました。
御池コースは登りに使うと気持ち良く登れそうです。

初めての燧ヶ岳登山、素晴らしい天気に恵まれて楽しく歩く事が出来ました。
やっぱり、帰りたくなかったな~♪



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。