花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オサバグサを見に

オサバグサ

6月26日は、オサバグサを見に南会津の帝釈山に出掛けました。
じつは、19日に行く予定でしたが台風4号の接近で延期、
花の状態が心配でしたが、まだ可憐な姿で待っていてくれました。
国道352号線を左折

帝釈山の登山口になる馬坂峠へは、国道352号線を尾瀬方面に向かい、
檜枝岐村にある会津駒ヶ岳の登山口を右手に見て通過し、集落を過ぎたT字路を左折します。
尾瀬国立公園・帝釈山登山口と日帰り温泉『燧の湯』の大きな看板が目印です。

広い駐車場

林道を約50分、馬坂峠が登山口になります。
林道には案内表示があるので迷わずに走ることが出来ました。
馬坂峠は台倉高山の登山口も兼ねており、30台ほど駐められる広い駐車場とトイレがありました。
田代山のトイレは工事中なので、こちらのトイレしか利用できませんでした。

登山口
 
案内板のある登山口から出発です。

オサバグサの群生

登山道に入ると直ぐにオサバグサを発見!!
『うぁ~、キレイ♪』
斜面一面が白いオサバグサに包まれていました。

登山道

檜枝岐の観光写真は、この群生を撮ったのでしょう。
この後も登山道沿いにオサバグサが咲いていましたが、
入口付近が一番大きな群生地になっていました。

登山道

帝釈山まで急な登りが続くますが、急斜面には木の階段が設置されていました。
なんとなく、会津駒ヶ岳の山頂直下の道を思い出しました。
オサバグサ祭りが終わった平日なのですれ違う登山者も少ないけど、
祭り開催中の日曜日など、渋滞するぐらいに混雑したでしょうね?

至仏山と燧ヶ岳

山頂手前で樹間が開け、尾瀬を代表する至仏山と燧ヶ岳が見えました。

帝釈山頂

花の撮影をしながら約1時間で帝釈山の山頂に到着、
細長い山頂には山名柱と二等三角点がありました。
どこから来るのか虫が寄ってきて、嬉しくない歓迎を受けました。


パノラマ

山頂は、南東側が開けていて抜群の眺め!!
左から女峰山・小真名子山・大真名子山・太郎山と、太郎山の後に男体山、
右手は雲の下に山頂部だけ見えた日光白根山です。

会津駒ヶ岳

振り返れば昨年登った会津駒ヶ岳(中央左の丸い山頂)が、目の前に迫って見えました。
また登ってみたいですね。

山頂で30分ほど休んで田代山に向かいました。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。