花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワカガミの群生

イワカガミ

今回、栗駒山登山の最後の楽しみは、イワカガミの群生地でした。
昨年も見に来たのに、また見たくなっちゃいました。
今年は少し開花が遅れているようでツボミが多かったけど、
日当たりの良い斜面がピンク色に染まっていました。
イワカガミ

イワカガミは岩場に咲いていて、
丸い光沢のある葉が鏡のようなことから名付けられました。

北海道・本州・四国・九州に分布するイワウメ科の多年草で、
山地から亜高山帯の日当たりの良い岩場や林内に生育します。
東北の山では良く見かけるお馴染みの花です。

イワカガミ

茎の上部に縁がフリルのように細かく裂けた漏斗状の花を、多数つけます。
花の色は淡い紅色から色の濃い花まで変化があり、まれに白い花も見られます。

イワカガミ

名前の由来になった丸い葉は縁がギザギザと尖っていて、秋には赤茶色に紅葉します。
同じ科のイワウチワに葉の形が良く似ていますが、花の咲く時期が違うので見分けられます。

高山型変種のコイワカガミは、花数が少なく葉のギザギザも少ないそうですが、
中間種もあって見分けるのが難しいので、イワカガミで統一したいと思います。

イワカガミ

[科名]イワウメ科 イワカガミ属 多年草
[和名]岩 鏡  [別名]
[学名]Schizocodon soldanelloides 
[花期]4~7月 [草丈]10~15cm

関連記事

 【イ】 春・赤花 夏・赤花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。