花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪割草を見に

角田山

昨日は雪割草を見に新潟の角田山に行ってきました。
角田山は新潟市民に親しまれる花の山、
早春の花たちが咲く季節は、多くの登山者で賑わうそうです。
登山口

今回は、角田山が5回目になるオフプレーさんの案内で、
地図に載っていない宮前コースを登りました。
私有地にある道なので、キャップのないストックやスパイク長靴は禁止だそうです。

いつもの年なら、3月末に見頃を迎えているはずの雪割草ですが、
今年は新潟も寒い日が続いて開花が遅れているそうです。
雪も多く残っていて、花が咲いているか不安のスタートでした。

雰囲気の良い登山道

宮前コースは、山頂手前に急な登りがありますが、
前半は、なだらかな登りが続く雰囲気のよい道でした。
雪解けでぬかるんでいましたが、よく踏まれた歩きやすい道でした。

途中で出会った地元の方達は、
角田山の中でこのコースが一番好きなのだそうです。
 
角田山山頂

角田山の山頂は、50~60cmちかい残雪に覆われていて、
三角点は雪の中で何処にあるのかわかりません。
広い山頂大地は、一面の雪野原になっていました。

東側の観音堂まで足を伸ばして昼食にしました。
国見や西会津を通過する時は雪、新潟市に着いたら雨が降り出した空は、
歩き始めると雲が薄れて青空が広がり快晴へ、
山頂からは日本海の海岸線や新潟市内を見下ろし、
雪を抱いた粟ヶ岳から遠く飯豊連峰まで新潟の風景を楽しぬ事ができました。

灯台コース

下山は、灯台コースを歩きました。
雪の残る急坂を慎重に下りて見通しが良くなると、眼下に日本海が広がり灯台が見えます。
海抜0mの海岸まで、岩場のヤセ尾根を一気に下る豪快なコースでした。

角田山は標高500mに満たない低山で、仙台で言えば太白山や蕃山のような山でしょうか。
山の雰囲気は、泉ヶ岳や栗駒の大土ヶ森に似ているかもしれません。
雪割草のほかにもカタクリの群生地があったり、
毎日のように登っても様々な花に出会えて飽きない山だそうです。
近くに良い山があって新潟の人は羨ましいですね。

雪割草

さて、お目当ての花は、歩き始めて間もなく第一雪割草を発見!!
高度を上げるとツボミが多く目立ちましたが、天気の回復につれて花が咲いてくれたようで、
白・青・赤と、色とりどりの花を楽しむ事が出来ました。
沢山の写真を撮ってきましたので、明日に紹介したいと思います。






関連記事

 【ユ】 春・白花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。