花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形神室へ

ブナ林

3月20日、春分の日
山形市の高沢から山形神室に登りました。
天気が悪くて山頂からの眺めもなかったけど、
3月とは思えない粉雪が歓迎してくれました。

高沢林道入口

メンバーは、山形のT師匠、usamiさん、ひろ父さんの4人組。
笹谷を越えて山形入りし関沢ICを降りた滑川のローソンで待ち合わせ、
ベニバナトンネルを抜けた高沢集落の除雪最終地点から歩き始めました。

高沢林道を登った分岐は、瀬ノ原山方向に進まず右折します。
歩き始めからスキーが重くすべりが悪い。
春の雪はこんなもの?と思っていましたが、
一人、大汗をかいている私の歩きにT師匠のお言葉が、
『スキーの裏、見せてみろ?』
『あれ~!!』
裏返したスキーには長さ30cmほどのモッコがガッチリついていました。
シールワックスを塗って、やっと本来の滑りが回復、
今までの苦労は何だったのでしょう?(笑)

野菜畑?

やがて野菜畑?の広い斜面に出ました。
これから目の前に見える斜面を登るのだそうです。
山頂尾根はガスッていて見えません。

沢登り

貯水池の脇からカラマツ林を沢沿いに直登、
ココが核心部の急斜面。
硬いバーンの上に20~30cmの新雪が乗っているのでシールがスリップ、
ジグを切りながら登ってゆきます。

カラマツ林

見上げると、カラマツの枝に着いた雪がキレイです。
青空ならどれほど輝いて見えたでしょう。
でも、気温が低く曇っていたからこそ、
この美しさが保てたのでしょうね。

標高を上げるとブナ林に変わり斜度が緩やかになりました。
尾根の斜面に上がったようです。
県境尾根を目指して黙々と登っていきますが、
モッコと沢の急登が効いたようで、太ももが引き攣りだしました。
息を整えながら、休み休みドン亀歩きが続きます。

麓は晴れていた

1230mピークで南東に方向を変えたら、鞍部まで一旦下ります。
12時を過ぎていたので、鞍部で昼食にしました。

1272mピークまで登ると見通しが良くなり、振り返った天童方向が明るいです。
天気が回復するかと期待しましたが、進行方向に山形神室の姿は全く見えません。

県境尾根

県境尾根に出ると横殴りの風が強くなりました。
飛んでくる雪の粒が痛くて、フードをかぶりネックウォーマーを鼻まで上げます。
波打ったガリガリの尾根を進み、最後の急斜面はスキーを外してツボ足で登りました。

山形神室

ついに山形神室到着!!
時計を見ると、13時55分。
歩き始めて4時間55分もかかっていました。

見通しの良いはずの山頂ですが、周囲は真っ白!
ハマグリ山につづく稜線の風景を期待していたのに、
お隣の仙台神室も全く見えません。

停まっていると寒いので、記念写真を撮ったら退散です。
山頂にいたのは、たったの5分でした。

快適な斜面(usamiさん撮影)

シールをつけたまま1230mピークまで戻り、いよいよシールを外して滑降です。
尾根の緩斜面はパフパフの粉雪、
樹間が空いているので快適な滑りが楽しめました。
皆さん、ニコニコ顔で滑って行きます。

難所の沢沿いは、斜滑降と横滑りで何とか切り抜け、
野菜畑に出たところでコーヒータイム。
最後は林道を滑って車に戻りました。

3月末と思えないパウダー滑りが楽しかったですね~♪
みなさん、お疲れ様でした。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。