花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福寿草

フクジュソウ

庭のフクジュソウが咲き始めました。
今年は雪がナカナカ融けなくて、
雪の下でずっ~と待っていましたから、
茎が長く伸びてしまったようです。
フクジュソウ

なごり雪と茶色い落ち葉の中で、
黄色い福寿草の花は、よく目立ちます。
太陽の光を受けて眩しく輝いていました。
 
フクジュソウ

フクジュソウは、
北海道・本州・四国・九州に分布するキンポウゲ科の多年草で、
日当たりの良い山林に生育しますが、
乱獲により自生の花は少なくなり各地で絶滅危惧種に指定されています。

早春に雪を押しのけて芽を出し、花を咲かせます。
次第に茎が真っ直ぐ伸びて、深く細かに裂けた広卵形の葉を広げます。
日差しの当たる日中だけ花を開かせ、夕方には花を閉じます。
曇った日や雨の日は花を閉じたまま開きません。

フクジュソウ

旧暦の正月頃に咲きはじめ、花が長く咲いているので、
『福』と『寿』をあわせた、おめでたい花として福寿草の名が付けられたそうです。
元日草の別名もあります。

早春に花を咲かせて光合成をすると、
翌年の春まで姿を消してしまう『スプリング・エフェメラル』を代表する花です。

フクジュソウ

[科名]キンポウゲ科 フクジュソウ属 多年草
[和名]福寿草  [別名]ガンジツソウ(元日草)
[学名] Adonis ramosa
[花期]2~3月 [草丈]10~25cm

関連記事

 【フ】 春・黄花 冬・黄花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。