花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不忘山へ


青空の不忘山

青空の広がる好天の昨日、
白石市の不忘山に登りました。
山頂から眺める大パノラマを楽しみに登ったけど・・・
次第に雲が

いつものように、白石スキー場のリフト2本を乗り継いだゲレンデトップからスタート!
遠くに見える不忘の碑を目印に登って行きます。
土曜日に降った雪が柔らかくスキーを履いて20cmほどの沈み込み、
数日前の消えかけたトレースを拾いながら進みました。

振り返ると青空

高度を上げて行くと柔らかい雪にシールの効きが悪くなりました。
急な登りは、ジグを切って踏み固めながら登りますが、ペースが上がりません。

次第に山頂部は雲に覆われてしまい、不忘の碑も見えなくなりました。
ふり向けば、下界は明るくて天気が良さそうですね。

今日はココまで

標高1520m付近でパンを食べて休憩、時間は11時40分になろうとしています。
昨年ならとっくに山頂に着いていた時間、まだ1時間はかかるでしょうか。
途中から山頂方向の視界がなくなり雪が降り始めていました。
休んでいたら冷たい風に身体が冷やされ、それと一緒に気持ちも冷めてしまいました。(焦;)

『山頂に行っても何も見えないし・・・』
なんて思ったら、もう登れません。

今日はココまで、山頂は諦めて戻りましょう。

一番のシュプール

シールを外して滑りはじめますが、深雪に思うようにターンが出来ません。
灌木帯は斜滑降でしのぎ、開けた斜面でやっとターンがきまりました。

今日一番のシュプール♪

少し標高を下げただけで陽射しが戻ってきて、気持ちも明るくなりました。
山の天気と気分は、気まぐれですね。(笑)

下りラッセル

緩やかな斜面は、下りでもスキーが潜って止まってしまい、
登った時のトレースに乗って、ナンとかスキーを滑らせます。

相棒のスキー

スキー場に出たところで、ゲレンデに寝転がって青空を眺め一休み
早目に降りちゃったけど、適当な斜面で練習してくれば良かったかな・・・
ちょっと悔いが残ったので、リベンジ決定です。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。