花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北泉ヶ岳へ

北泉ヶ岳

昨日の休日は北泉ヶ岳へ、
日曜日の疲れが残っていたので休養日にしようと思ったけど、
朝起きたら、あまりに天気が良かったので出掛けてしまいました~
フリートレック

リフトを使って短時間で登れる北泉ヶ岳にしました。
今日の相棒は1年ぶりのフリートレックです。

刈田岳で深雪ラッセルをしたとき、
短いフリートレックなら雪の重みが軽減されるかもしれないと思い、
試してみることにしました。
 
樹林帯から入る

リフトを1本上がって樹林帯に入るとやはり深雪です。
日曜日に歩いたようなスノーシューの踏み跡がありました。

あまるラッセルしないで登れるかと思いましたが、
クマザサ平手前の急斜面はシールが滑って登れません。
スキーを外してツボ足で上がって大休憩です。
風もなく暖かい陽射しが気持ちよく、このまま休んでいたい気分になりました。

三差路からは水神から登ってきた方の踏み跡があり、
泉ヶ岳界隈は冬でも入山者が多く、人気の山ですね。

北泉ヶ岳の山頂

スプリングバレーから約2時間で北泉ヶ岳の山頂に到着しました。
結局、深雪ラッセルはあまりしないで登ってしまいました。

山頂から見える船形山は、避難小屋にいる人が分かりそうなぐらいにハッキリ!
翁山や少し霞んでいますが遠く栗駒山も見える眺望でした。

山頂は風が冷たくて、休んでいると汗だくの身体が冷えてきます。
眺めを楽しんだら下山を開始、風のない所まで下ってお昼にしましょう。

深雪を滑る?

予想通りの深雪に短い板が潜るので、滑りはまったくダメ!
トップが刺さらないようにテールだけでずり落ちます。
振り返れば深い溝になった跡が残りました。(笑)

雰囲気の良いブナ林

急斜面を下った桂の木の下で昼食にしました。
スキーをベンチにしてノンビリとランチタイム、
今日は鳥の鳴き声も聞こえない静かな森、
いや、遠くスキー場の音楽が聞こえていました。

帰りは、ゲレンデに戻らず西側の尾根を下ります。
初めて歩きましたが、広くて木々が混んでいない雰囲気の良い尾根です。
シールを貼ったままウォークモードで歩きます。
この斜面は短いフリートレックにして正解でした。
パタパタ・ズル~・・、パタパタ・ズル~と、
「滑るスノーシュー」のようなズルズル感が面白かった。
最初からスノーシューでも良かったかな?
関連記事

 山スキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。