花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コイチヨウラン

コイチヨウラン

コイチヨウランは亜高山帯の針葉樹林に咲く花ですが、
今年見たのは標高の高いブナ林でした。
まさかブナ林の道端に咲いているとは思わず、
危なく見過ごすところでした。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
コイチヨウラン
 
コイチヨウランの名前は、漢字で『小一葉蘭』と書きます。
その名の通り、「葉が1枚だけある小さなランの花」ですね。
残念ながら、葉の写真は撮り忘れてしまいましたが、
地面近くにカワイイ葉が1枚ありました。

コイチヨウラン

北海道・本州の近畿以北と四国に分布するラン科の多年草で、
亜高山帯の針葉樹林下に生えています。

コイチヨウラン

細く伸びた花茎の上部に、少しうつむきがちな花を数個咲かせます。
淡い黄緑色の花は1cmに満たない大きさ、
唇弁についた赤紫色の斑紋がカワイイですね。

コイチヨウラン

最後の2枚の写真は、2年前に撮影した花で、
亜高山帯に群生したガンコウランの中に咲いていました。
 
先日載せたイチヨウランとは属が違い、花の形もあまり似ていません。

コイチヨウラン

[科名]ラン科 コイチヨウラン属 多年草
[和名]小一葉蘭  [別名]
[学名]Ephippianthus schmidtii
[花期]7~8月 [草丈]10~20cm 




関連記事

 【コ】 夏・その他の色

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。