スポンサーサイト

花オジ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by花オジ

ヤマトユキザサ

花オジ

-
懐かしの写真シリーズ
何故か、シリーズ化しちゃいましたね。(笑)
探してみるとブログ未発表の花がまだありました。

ヤマトユキザサ

ヤマトユキザサは、1m近くの草丈があって葉がクマザサほど大きく、
普通のユキザサが30cmぐらいですから、その大きさに驚いた花でした。
でも、ヒロハユキザサとの違いが良くわからずに
「お蔵入り」していた花でした。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
ヤマトユキザサ

ヤマトユキザサは、本州の近畿以北(主に関東から東北)に分布するユリ科の多年草、
ユキザサより大型で標高の高い深山から亜高山帯の林内に生育しています。

ヤマトユキザサ

赤みを帯びた茎を斜めに伸ばし、先端に星を散りばめたように総状の花をつけます。
葉は互生し、先のやや尖った楕円形をしていて長さ15cmほど、
笹に似た形で縁が少し波うっています。

ヤマトユキザサ

花の色は白から淡い黄緑色をしていて6枚の花びらをもち、
雌雄異株なので、雄花のメシベは退化し雌花には先が3裂したメシベがあります。
今回の写真では、黄緑色の花が雄花で白い花が雌花だったようです。

ヤマトユキザサ

ユキザサの名前は、笹のような葉を持ち白い小さな花が雪のようなことから名付けられました。
ヤマトユキザサは、奈良県の大峯山で標本が採取されたことから名付けられ、
ユキザサより大型なので、オオバユキザサの別名があります。

ヒロハユキザサとの違いは、茎が赤みをおびていて茎や葉の付け根に毛が生えていること、
ヒロハユキザサは、毛が疎らで茎は緑色をしています。
同じ場所に生えていましたが、最後の花はヒロハユキザサかもしれません。

ヒロハユキザサ

[科名] ユリ科 ユキザサ属 多年草
[和名] 大和雪笹 [別名]オオバユキザサ  
[学名] Smilacina hondoensis   
[花期] 5~6月 [草丈] 70~100cm


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。