花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチヨウラン

イチヨウラン

イチヨウランも2008年に写真を撮った花でした。
『何でこんな場所に・・・?』と驚くような、
登山道の道端に咲いていました。
しかし、その後は出逢うことのない珍しい花です。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
イチヨウラン

イチヨウランは、北海道・本州・四国・九州に分布するラン科の多年草で、
深山や亜高山帯の薄暗い針葉樹林の林床に生育しています。
日本固有の蘭ですが、乱獲により激減した貴重な花です。

イチヨウラン

草丈は10~20cm、真っ直ぐ伸びた茎の先に花を1つつけ、
やや厚みのある楕円形の葉が地表近くに1つあります。
淡い緑色の花は周囲の草に紛れて目立ちにくいですが、まとまって咲いている場合が多いそうです。

イチヨウラン

白い唇弁と淡い緑色の萼片3枚や2枚の側花弁で構成された花は、
基部に紫色の斑点があり、花により斑点の入り方が違っています。
細い茎に似合わないような大きい花で、頭が重そうな感じがしました。

イチヨウラン

イチヨウランの名前は葉が1枚だけつく蘭だから、
ウチョウランと混同してイチョウランと間違えて呼ぶ方がいますが、
『一葉蘭』と漢字で書けばわかりますね。

イチヨウラン

[科名]ラン科 イチヨウラン属 多年草
[和名]一葉蘭  [別名]ヒトハラン
[学名]Dactylostalix ringens
[花期]6~7月 [草丈]10~20cm

関連記事

 【イ】 夏・その他の色 夏・白花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。