花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしのコアニチドリ

別のハードディスクに保存していた花の写真を調べていたら、
以前のブログに載せていた懐かしい花達を見つけました。
花オジブログには載せていなかった、カワイイ花達を紹介したいと思います。

コアニチドリ

コアニチドリは、2008年6月に撮った花でした。
霊山のohtomoさんに教えられて出掛けた急な沢沿いの草地、
風に揺れるコアニチドリは、天使が飛び回っているように見え、
花オジが『天使の蘭』と名付けた、トレードマークにしている花です。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

コアニチドリ
コアニチドリは、北海道と本州の中部以北に分布するラン科の多年草で、
山地から亜高山帯の湿地や湿った崖地に生育しています。

コアニチドリ
細長い茎を伸ばした先に2~5個の花をつけ、
幅広い線形の葉は茎の中間から伸びています。

コアニチドリ
長さ7~8mmの小さな花は白色から淡い桃色をしていて、
深く3裂した唇のつけ根に赤紫色の斑紋が二つ列んでついています。

コアニチドリ
秋田県の小阿仁川付近で最初に発見されたので、コアニチドリ(小阿仁千鳥)と名付けられました。
学名には、発見者の木下友三郎氏の名がつけられている日本固有種です。
自生種は絶滅が心配され、環境省の絶滅危惧Ⅱ類(VU)に登録されている貴重なランです。

コアニチドリ

[科名]ラン科 ヒナラン属 多年草
[和名]小阿仁千鳥  [別名]
[学名]Amitostigma kinoshitae 
[花期]6~8月 [草丈]10~20cm 

関連記事

 【コ】 夏・白花 夏・赤花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。