花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハキダメギク

ハキダメギク
庭にあるハキダメギクをマクロ撮りしました。
花期の長い花なのでいつでも撮れると思っていたら、もう11月
花後に出来る冠毛もチラホラ見えはじめていました。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
ハキダメギク
ハキダメギクは熱帯アメリカ原産のキク科の一年草で、
大正時代に渡来した帰化植物です。


ハキダメギク
茎は2つに枝分かれを繰り返しながら伸びて行きます。
対生の葉は卵形で先が尖り、縁には浅いギザギザがあります。


ハキダメギク
枝の先に5mmほどの小さな花をつけ、
周りに3裂した白い花が5つと内側に黄色い筒状花が集まった頭花をしています。
小さくて見難いけど、キクの花だとすぐ分かる花の形をしています。
3つに割れた花びらがカワイイですね。

ハキダメギク
大正時代に世田谷の掃き溜めで見つかったことからハキダメギクと名付けられましたが、
掃き溜めに限らず道端や草むらなど何処にでも生える雑草です。

花後の冠毛に感動して、昨年は花の写真を載せずに冠毛の写真を載せました。(笑)
とてもキレイですから、探してみて下さいね。

ハキダメギク

[科名]キク科 コゴメギク属 一年草
[和名]掃溜め菊  [別名]
[学名]Galinsoga ciliata
[花期]6~11月 [草丈]15~60cm
 
 
関連記事

 【ハ】 夏・白花 秋・白花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。