花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな風車のようなキッコウハグマ

キッコウハグマ
花の少なくなった晩秋の里山、
フィナーレを飾るキッコウハグマの花が見頃になりました。
先端がカールした花ビラは、まるで風車のように見えますね。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
キッコウハグマ
キッコウハグマは、北海道・本州・四国・九州に分布するキク科の多年草で、
里山や低山の日陰斜面や、やや乾いた林内に自生しています。

キッコウハグマ
細い茎を伸ばした先端部に細長いツボミをつけ、白い花を咲かせます。
茎の下部にある葉は長い柄のある心形をしていて、
5角形や縁が深くギザギザになった形など変化があります。
特徴のある葉なので花がない時期でも見分けられます。

キッコウハグマ
花はワイシャツのボタンぐらい、3つの小花が集合しています。
小花は先が割れたメシベと周りにオシベがあり、深く5裂した花ビラが包んでいます。
花ビラの先端は軽くカールしていて小花が3個集まっているので、15枚の花ビラがある丸い花のように見えます。

キッコウハグマ
キッコウハグマには開花しないツボミが沢山あり、
閉塞花と呼ばれています。
先が白くなったツボミはほとんど閉塞花で、
ツボミの内部で自家受粉して、そのまま開かずに終わってしまいます。

キッコウハグマ

ハグマの仲間が葉の形から名付けられているように
キッコウハグマも5角形の亀甲形をした葉の形から名付けられました。

キッコウハグマ

[科名]キク科 モミジハグマ属 多年草
[和名]亀甲白熊  [別名]
[学名]Ainsliaea apiculata
[花期]9~11月 [草丈]10~20cm 
 
沢山の写真を撮ったので、明日もキッコウハグマを載せたいと思います。
 
  
関連記事

 【キ】 秋・白花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。