花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏岩手縦走路

そろそろ紅葉シーズンの到来、
昨日は、東北でも早めに紅葉する八幡平に紅葉状況を視察に出掛けました。
8月は濃い霧で何も見えなかった八幡沼も見てみたいし・・・
まずは、八幡平を南方向から眺めるべく
裏岩手縦走路の畚(もっこ)岳に向かいました。
 
八幡平から岩手山を望む
八幡平アスピーテラインから見えた岩手山と棲んだ青空、
快晴の一日になる予感が的中です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
八幡平の登山口
裏岩手縦走路は、八幡平から南に岩手山を結ぶ尾根上に作られた登山道、
藤七温泉から八幡平山頂の見返り峠に向かう樹海ラインの途中に登山口があります。

車道沿いの登山口は、5台ぐらい車を駐車できそうですが、
車道から段差があるので車を擦らないように要注意です。
100mほど下がった藤七温泉よりの空き地に10台は駐車出来そうでした。

最初に向かった畚岳
最初に向かう畚岳は、コンモリと盛り上がった姿が印象的な山でした。
良く踏まれた道を歩いて登山口から20分で分岐に着き、
急な登り坂を5分ほどで山頂に着きました。
 
畚岳山頂の三角点
畚岳は、茶臼岳・源太森と共に八幡平の三大展望地と言われています。
高い樹木がないので360度の眺望が楽しめ、
広大な台形山頂の八幡平が目の前に広がっていました。
 
焼山と森吉山
北西方向に目をやれば、スグ隣に焼山があり後方には森吉山が見えます。 
南方には、これから歩く諸桧(もろび)岳や大深(おおふか)岳が見えていて、
稜線の先には遠く岩手山が広く裾野を広げ、
秋田駒ヶ岳や鳥海山も見る事が出来ました。

諸桧岳の笹原
分岐に戻り南方向に進むと一旦下って緩やかに登り返します。
笹野原の広がる諸桧岳まで45分ほどで到着です。

石沼
笹野原の中を歩き、なだらかに鞍部まで下ると石沼がありました。
流れ込む沢のない雲上の泉です。
 
前諸桧から嶮岨森へ
またも緩やかに登り返して前諸桧に到着、
山頂は展望がありませんでしたが、
南側の斜面が崩れていて眺望が開け、
大深岳までの稜線が一望出来ました。

嶮岨森
急な斜面を下って行くと、嶮岨森の岩頭が目に飛び込んできました。
あの山頂まで頑張りましょう。

嶮岨森山頂から歩いて来た方向
嶮岨森山頂は、尖った岩頭から30mほど南よりの場所で、三等三角点がありました。
この頂上も畚岳と同じように素晴らしい眺めが広がっていました。
最初の計画では、大深岳まで行くつもりでしたが、
帰りに八幡平を散策したいので、眺めが素晴らしい嶮岨森でユックリ休んで戻ることにしました。

鏡沼と岩手山
休んでいた岩頭から眺めた岩手山と眼下の鏡沼です。
鏡沼も噴火によって出来た沼でしょうか。

帰りは来た道を戻りましたが、前諸桧手前の急な登りが堪えました。
紅葉は、やっと色づき始めたばかりのようで、今年は遅れているようでした。

八幡沼の風景は明日に続きます。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。