スポンサーサイト

花オジ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by花オジ

キバナアキギリ

花オジ

-
キバナアキギリ
里山に今年もキバナアキギリの花が咲き始めました。
サルビアに似た黄色い花は下草の生える林内でも良く目立ちます。
この花を見ると秋も深まったようで、少し寂しくなる花オジです。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ

キバナアキギリ
キバナアキギリは、本州・四国・九州に分布するシソ科の多年草で、
里山から深山まで、森の林縁や木陰のやや湿った場所に育成しています。

キバナアキギリ
茎は四角形で全体に毛が多く、やや斜め向きに伸びます。
茎から三角形のホコ形をした葉が対生しています。

キバナアキギリ
花は、淡い黄色の唇形をしています。
大きく開いた花ビラの口に赤紫色のオシベが見え、
花の先端からはメシベの一部が長く糸のように飛び出していて、
なかなか個性的な花です。

キバナアキギリ
キバナアキギリの学名は『Salvia nipponica』
日本産のサルビアの意味でしょうか、
アキギリの仲間で、花の色が黄色いことからキバナアキギリと名付けられました。

アキギリは紫色の花で、葉の形が桐に似て秋に咲く事から名付けられました。
本州中部から近畿に分布してそうですから、東北地方では見られない花だそうです。
こちらは『Salvia glabrescens』の学名で、
あまり毛のないサルビアの意味になるそうです。

キバナアキギリ

[科名]シソ科 アキギリ属 多年草
[和名]黄花秋桐  [別名]
[学名]Salvia nipponica
[花期]8~10月 [草丈]20~40cm

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。