花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヌトウバナ

イヌトウバナ
イヌトウバナは、花がポロポロと落ちていて、
ツボミがあるのでこれから咲くのか、
咲き終わったのか・・?
花自体も小さくて、見た目の冴えない花でした。

イヌトウバナ
イヌトウバナは、北海道・本州・四国・九州に分布するシソ科の多年草で、
山地の林縁や山道の傍などに生育します。
まとまって咲く傾向があり、群生している場合が多いようです。

イヌトウバナ
卵形の葉には荒いギザギザがあり、
裏側にはハッキリとした線点が見られます。

花の色は白色や淡い紫色で、直径が5~6mmの唇形をした小さい花です。
花より萼の方が長くて、長い毛が生えています。

イヌトウバナ
花が段々に咲く姿を仏塔に見立てて、トウバナ(塔花)と名付けられました。
トウバナにそっくりだけど、チョット違うのでイヌトウバナと名付けられたようです。

イヌトウバナ
図鑑やネットで調べると、
トウバナは、田の畦や草地などの山里に春から初夏の頃(5~8月)に咲く花。
イヌトウバナは、低山や深山に初秋の頃(8~10月)に咲きます。

また、山地に咲き、花期が4~9月と重なるミヤマトウバナは、
イヌトウバナと見た目がほとんど同じ、
花が萼より長く萼の毛が目立たない事と、
葉の裏にある線点が少なくて目立たない事で見分けるそうです。

トウバナの仲間は良く似ていて見分けるのが難しそう。
花オジは、いままで全部イヌトウバナだと思っていました~(冷汗;)

[科名]シソ科 トウバナ属 多年草
[和名]犬塔花  [別名]
[学名]Clinopodium micranthum
[花期]8~10月 [草丈]20~50cm


  にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
 よろしかったら、クリック応援お願いします。
関連記事

 【イ】 夏・白花 秋・白花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。