花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンミズヒキ

キンミズヒキ
林道を歩いているとキンミズヒキを見つけました。
黄色い花がユラユラと風に揺れて、
こっちだよと手招きしているようでした。

キンミズヒキ
キンミズヒキは、北海道・本州・四国・九州に分布するバラ科の多年草で、
山地の草地や林縁、山道の道端などごく普通に見られます。
日の当たる明るい場所が多いようです。

キンミズヒキ
草丈が1mほどと高く、真っ直ぐ伸びた茎は途中で枝分かれして、
茎の先端部に黄色い花を穂状につけます。
小葉は5~9枚の羽状複葉ですが、互生した葉の大きさが不揃いです。
葉の付け根には托葉が見られます。

キンミズヒキ
穂状についた黄色い花は直径10mm、
5枚の花びらを持ち、
花の中心にメシベと10~13本のオシベがあります。

ミズヒキに良く似たヒメキンミズヒキは、
ミズヒキより草丈が低く花も小さくて、
オシベの数が5~7本と少ないので見分けられます。

キンミズヒキ
祝い事に使われる金箔をおいた水引や元結の事を『金水引』と言い、
黄色い花の形が金水引に似ているので名付けられました。

また、花後に出来る果実が衣服に着く『ひっつき虫』な事から、
ヒッツキグサの別名があります。

キンミズヒキ


[科名]バラ科 キンミズヒキ属 多年草
[和名]金水引  [別名]ヒッツキグサ
[学名]Agrimonia pilosa
[花期]8~10月 [草丈]30~100cm


  にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
 よろしかったら、クリック応援お願いします。
関連記事

 【キ】 夏・黄花 秋・黄花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。