花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラヤマギク

シラヤマギク
里山に咲いていたシラヤマギクは、
夏の終わり頃から咲きはじめた、秋を告げる花でしょうか。

最初にヤマシロギクと間違えて覚えてしまった花オジは、
いまだに訂正できていません。(冷汗;)

シラヤマギク
シラヤマギクは、北海道・本州・四国・九州に分布するキク科の多年草で、
山地の林縁、道端などの日当たりの良い場所に生育しています。

シラヤマギク
茎が赤っぽく、上部で分枝して白い花を疎らにつけます。
白い舌状花と黄色い筒状花は見るからにキクの花ですが、
隙間が抜けたように舌状花がまばらなのが特徴です。

シラヤマギク

[科名]キク科 シオン属 多年草
[和名]白山菊 [別名]
[学名]Aster scaber 
[花期]8~10月 [草丈]100~150cm


   にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
   記事がお気に召しましたら、クリック応援よろしくお願いします。
関連記事

 【ヤ】 夏・白花 秋・白花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。