花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤブランの花

ヤブラン
ヤブランは、道路の緑地帯や公園など、何処でも見られる花です。
鬱蒼と茂った葉の中から、薄紫色の花を総状につけています。
よく見ると丸くなったツボミが多く、開いている花は少ない。
秋風を感じて、これから咲くのでしょうね。

ヤブラン
本州・四国・九州に分布するユリ科の多年草で、山地の薄暗い林内や林縁に自生しています。
本州は関東地方以西だそうで広く東アジアまで分布しているとか、
暖かい土地を好むそうなので東北地方で見かける花は園芸種でしょうか。
冬も葉が残る常緑植物なので、昔から観賞用に植えられたようです。

ヤブラン
葉は細長い線状で先が尖っています。
草丈が30~50cmにもなり、
良く似たオオバジャノヒゲより長くなります。

ヤブラン
8月末、真っ直ぐ伸びた花茎の上部に沢山の花を総状につけていました。
1つの花は淡い紫色をしていて、
ちょっと肉厚の花びらが6枚、中央に1本のメシベと6本のオシベがあります。
秋には黒紫色の種子が出来ます。

ヤブラン
林内の藪のような場所に咲き、
蘭のような葉の形をしているのでヤブラン(藪蘭)と名付けられました。

ヤブラン

[科名]ユリ科 ヤブラン属 多年草
[和名]藪 蘭  [別名]
[学名]Liriope platyphylla
[花期]8~10月 [草丈]20~50cm


  にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
記事がお気に召しましたら、クリック応援お願いします。
関連記事

 【ヤ】 夏・青花 秋・青花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。