花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤマウズラ

ミヤマウズラ
毎年咲くのを楽しみにしているミヤマウズラ、
まるでウズラのヒナ鳥が羽ばたいているようにみえて、
可愛いですね~♪

でも、名前のウズラは花の形じゃなくて、
葉のウズラ紋様から名付けられたのでした。
ミヤマウズラ
ミヤマウズラは北海道・本州・四国・九州に分布するラン科の多年草で、
山地のやや湿った林床に生育しています。

名前は、ミヤマ(深山)となっていますが、
奥深い山に限らず低山や里山にも咲いています。
 
ミヤマウズラ
真っ直ぐに伸びた茎の上部に
5個から十数個の淡い紅色の花を咲かせます。

やはりランの花ですね、
アップで見ると意外に複雑な形をした花です。

ミヤマウズラ
花や花茎には縮毛があって、意外に毛深い。(笑)

ミヤマウズラ
広卵形の葉は下部に集まり茎にはあまり見られません。
冬も枯れない常緑の葉は、晩秋の雑木林で落ち葉に隠れた葉を見つけることが出来ます。
葉には、名前の由来になった独特の白い模様があります。

ミヤマウズラ
花は、茎の片方に偏っている場合が多いようです。
同じ方向を向いて、何を見ているのかな?

ミヤマウズラ
昨年撮った写真も可愛いですから、ご覧くださいね。

[科名]ラン科 シュスラン属 多年草
[和名]深山鶉   [別名]
[学名]Goodyera schlechtedaliana
[花期]8~9月 [草丈]10~25cm


  にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
 ランキングに参加中、クリック応援よろしくお願いします。
関連記事

 【ミ】 夏・白花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。