花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤマコウゾリナかな?

8月中旬に八幡平で見た花でした。
タンポポの茎を長くしたような花で、
総苞が黒くて毛むくじゃら、茎や葉にも毛がありました。

ミヤマコウゾリナ
その時は、ミヤマコウゾリナと思っていましたが、
ネットで調べると、良く似た花にカンチコウゾリナがあります。
どっちでしょう?
ミヤマコウゾリナ
ネットの図鑑などによれば、どちらもキク科の多年草で、
亜高山帯~高山帯の礫地や草地に育ち、
全体に多数の毛が生えており花の形も良く似ています。

カンチコウゾリナ(寒地髪剃菜)は、
コウゾリナ属で北海道・本州の中部以北に分布していますが、
ミヤマコウゾリナ(深山髪剃菜)は、
ヤナギタンポポ属で本州の中部以北と四国の一部に分布が限られています。
 
ミヤマコウゾリナ
見分けるポイントを見つけました。
カンチコウゾリナの葉は、ギザギザのある細長い葉で先が尖っています。
ミヤマコウゾリナの葉は、全縁(ギザギザがない)で先が少し丸くなっているそうです。

また、カンチコウゾリナは茎葉が沢山つくのに、
ミヤマコウゾリナは地面近くにある根生葉が発達していて茎葉は目立たないそうです。

写真に写っている葉が少なくてイマイチでしたが、
写っている葉の形や状況からミヤマコウゾリナとしました。

ミヤマコウゾリナ
コウゾリナ(髪剃菜)とは、
茎や葉にある剛毛に触ると痛い事から、
剃刀のようだとカミソリナ(剃刀菜)と呼ばれたのが、
カミソリナ→コウゾリナに変化したそうです。

カンチコウゾリナには、タカネコウズリナの別名があります。

ミヤマコウゾリナ

[科名]キク科 ヤナギタンポポ属 多年草
[和名]深山髪剃菜 深山剃刀菜  [別名]
[学名]Hieracium japonicum
[花期]7~8月 [草丈]20~50cm


  にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
 ランキングに参加中、クリック応援よろしくお願いします。
関連記事

 【ミ】 夏・黄花 秋・黄花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。