花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サジガンクビソウ

サジガンクビソウ
ガンクビソウに続いて仲間のサジガンクビソウを紹介します。
花の色は違うけど、形は良く似てるでしょう。

太白山など低山に咲いている花ですが、昨年まで気づかなかった花でした。
まるで花びらが落ちてしまった、枯れかけた花に見えるので、
見過ごしていたのでしょうね。
サジガンクビソウ
サジガンクビソウは、本州・四国・九州・沖縄に分布するキク科の多年草で、
低山のやや乾いた木陰の林床や道端に生育しています。

サジガンクビソウ
ガンクビソウよりやや早く咲き始め、細く伸びた茎の先に緑白色の花を下向きにつけます。
茎の根本に根生葉が残り、茎には疎らにしか葉が着いてないので、茎がとても長く見えます。

花ビラのない筒状の花を茎の先に1つだけつけます。
ガンクビソウの白花のように見えますが、大きさは8~15mmとガンクビソウより大きく、
花の周りにある小葉が細く小さいので花が良く目立ちます。

サジガンクビソウ
サジガンクビソウの名前は、
地面近くにある葉の形がサジ(匙)に似ているので名付けられました。
ガンクビソウは、花の咲き方がキセルの雁首に似ているからだそうです。
ガンクビソウよりサジガンクビソウの方がキセルに良く似ていると思います。

サジガンクビソウ

[科名]キク科 ヤブタバコ属 多年草
[和名 ]匙雁首草 [別名]
[学名]Carpesium glossophyllum
[花期]8~10月 [草丈]20~50cm


  にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
 ランキングに参加中、クリック応援よろしくお願いします。
関連記事

 【サ】 夏・白花 秋・白花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。