花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンクビソウ

ガンクビソウ
杉林の道沿いにガンクビソウが咲き始めました。
キクの花から花ビラを取ってしまったような、
目立たない小さな花です。
ガンクビソウ
ガンクビソウは、本州・四国・九州に分布するキク科の多年草で、
山地の林内や林縁に生育します。

草が成長すると1mを越えて道端などに鬱蒼と茂っている場合がありますが、
薄暗い林内などでは30~50cmほどの草丈になっています。

ガンクビソウ
長い卵形や卵形の葉は、細かいギザギザがあり、茎には毛が生えています。
枝分かれした茎の先に黄色い花を咲かせ、花を取り巻くように小葉が輪生します。

直径6~8mmの小さい花は花びらがない筒状花をしていて、
横向きや少し下向きに咲くので、あまり目立ちません。

ガンクビソウ
ガンクビソウの名前は、
キセルの雁首(刻み煙草を詰める金属部分)に花の形が似ている事から名付けられました。
 
仲間にサジガンクビソウとヤブタバコがありますが、
サジガンクビソウは、長い茎の先に俯いて咲き、
ヤブタバコは葉の脇に沢山の花が連なるので見分けることが出来ます。

ガンクビソウ

[科名]キク科 ヤブタバコ属 多年草
[和名]雁首草  [別名]   
[学名]Carpesium divaricatum
[花期]7~10月 [草丈] 30~150cm 


  にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
 ランキングに参加中、クリック応援よろしくお願いします。
関連記事

 【カ】 夏・黄花 秋・黄花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。