花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタドリ

イタドリ
イタドリの白い花、よく見るとカワイイですね。

花オジは、スカンポの方がわかりやすく、
子供の頃に茎をかじって遊んでいました。
酸っぱい味が忘れられません。
イタドリ
イタドリは、北海道・本州・四国・九州に分布するタデ科の多年草で、
日当たりの良い荒れ地や土手などに生育しています。

草丈が2m近くなる大型の草で、
中空の茎は太く交互に伸びた長さが10cmほどの広卵形の葉を茂らせます。

イタドリ
雌雄異株で、枝端や葉の根元から花序を出し白い小さな花を沢山つけます。
写真は雄花ですね。

蔵王で良く見かける赤い花は、メイゲツソウと呼ばれるベニイタドリ、
本州中部以北には草丈が2~3mになるオオイタドリが生育しています。

イタドリ
擦り傷などに若葉を揉んで着けると血止めと痛みを和らげる効果があるので、
イタドリ(痛取り)と呼ばれました。
根を乾燥させた虎杖根は民間薬として暖下剤や利尿薬に用いられ、
芽吹いたばかりの若葉や茎は山菜として食べられます。

イタドリ

[科名]タデ科 タデ属 多年草
[和名]虎杖 痛取 [別名]スカンポ スイバ
[学名]Fallopia japonica
[花期]6~10月 [草丈]1~2m


 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ     にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
関連記事

 【イ】 夏・白花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。