花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草原に咲くミヤマリンドウ

ミヤマリンドウ
会津駒ヶ岳の草原に咲いていたリンドウの花です。
写真を撮った時は、タテヤマリンドウと思っていたのですが、
雰囲気が少し違っていたので、調べるとミヤマリンドウのようです。
ミヤマリンドウ
ミヤマリンドウは、北海道・本州(中部以北)に分布するリンドウ科の多年草で、
亜高山帯から高山帯の湿原や湿った草地に生育する高山植物です。

対生する葉は長い楕円形で、光沢があります。
ミヤマリンドウの茎に着く小葉が開いているのに対し、
タテヤマリンドウの小葉は茎に着いて閉じているので、
見分けるポイントになります。

ミヤマリンドウ
草丈は5~15cmで真っ直ぐ伸びた茎の上部に数個の花をつけます。
5つに割れた青紫色の花は、
割れた花びらの間に副片があるので10枚に割れているように見えます。

ミヤマリンドウ
名前は、深山に咲く竜胆の花の意味でしょう。
飯豊連峰に特産するイイデリンドウの母種になります。

ミヤマリンドウ

[科名]リンドウ科 リンドウ属 越年草(二年草)
[和名]深山竜胆  [別名]
[学名]Gentiana nipponica  
[花期]7~9月 [草丈]5~15cm


 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ     にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
関連記事

 【ミ】 夏・青花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。