花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオバジャノヒゲ

オオバジャノヒゲ
咲いている花が少なく寂しくなった初夏の里山で、
薄暗い林の中に咲くオオバジャノヒゲは貴重です。
咲いている所だけ、ポッと明るく光っているようでした。
庭のグランドカバーなどに用いられますが、
林の中に咲いていると雰囲気がだいぶ違って見えますね。

オオバジャノヒゲ
本州・四国・九州に分布するユリ科の多年草で、
山地の林床に自生しています。
木陰を好むようで、葉が茂って薄暗くなった林の中に咲いています。

オオバジャノヒゲ
長さ15~30cmほどの細長い葉の中心から花茎を伸ばし、
淡い紫色や白色の花を疎らにつけます。

秋には緑色の宝石のような実がなります。

オオバジャノヒゲ
ジャノヒゲ属の名前は、細長い葉を髭に喩えて、
「翁の髭」(オキナノヒゲ)と呼ばれていたのが「龍の髭」(リュウノヒゲ)に変わり、
「蛇の髭」(ジャノヒゲ)になったようです。
オオバジャノヒゲは、ジャノヒゲより幅広く長い葉なので、オオバがつけられたようです。

オオバジャノヒゲ

[科名]ユリ科 ジャノヒゲ属 多年草
[和名]大葉蛇ノ髭 [別名]
[学名]Ophiopogon planiscapus
[花期]7~8月 [草丈]15~30cm


 にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
関連記事

 【オ】 夏・白花 夏・赤花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。