花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りのニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ
毎年楽しみにしているニッコウキスゲ、
我が家から車で40分ほどの低山に咲く花です。
見に行ったのは6月中旬、今年も見事に咲いてました。
ニッコウキスゲ
北海道・本州(中部以北)に分布するユリ科の多年草で、
低山から亜高山帯の草原や湿原、海岸の草地など湿った場所に生育します。
湿地などに群生をつくり、県内では、栗駒山の世界谷地が有名です。

山吹色の花は朝に咲き始め、夕方にしぼんでしまう一日花ですが、
次々に咲くので草原を黄色く染める群生をつくります。

ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲは、尾瀬などの日光地方に多く見られ、
黄色い花で葉がスゲに似ているので名付けられました。
別名のゼンテイカはこの花の学名で、
湿った土地に咲く花の意味で「セッテイカ」と呼ばれたのが変化したそうです。
 
地方により変異があるために、エゾゼンテイカと同種とする説や、
その変種とする説など学名や分類に混乱がありましたが、
すべて同じ種類とする考え方が一般的になり
ニッコウキスゲの名前が用いられています。
 
ニッコウキスゲ

[科名]ユリ科 キスゲ属 多年草
[和名]日光黄菅 [別名]センテイカ(禅庭花)
[学名]Hemerocallis esculenta 
[花期]6~8月 [草丈]50~80cm


 にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ    blogram投票ボタン
関連記事

 【ニ】 夏・黄花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。