花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿地に咲くトキソウ

トキソウ
先日の雄国沼でトキソウを見ましたが、
この写真の花達は、里山の何気ない湿地に咲いているトキソウです。
むかしは、民家から近い場所で普通に見る事が出来たのですね。
トキソウ
トキソウは、北海道・本州・四国・九州に分布するラン科の多年草で、
低山から高山まで日あたりのよい湿原や湿地に生育しています。

以前は、ごく普通に見られた花だったそうですが、
乱獲や湿地の消滅などにより数を減らしてしまいました。

環境省カテゴリーでは準絶滅危惧種に指定され、
京都・沖縄を除くすべての地域でレッドデータに指定されています。
宮城県でも「近い将来絶滅が危惧される、絶滅危惧Ⅰ類」になっています。

トキソウ
葉は茎に1枚だけつき、5~10cmの細長い形をしています。
花茎の先端に淡い紅色の花が1つ咲きます。
唇弁は3裂して花の中央に無数の突起があります。
小さいけど、華やかな雰囲気の花ですね。

地下茎が横に伸びていて、ところどころから茎を立ち上げて花を咲かせるので、
花の近くを歩き回ると地下茎を痛めてしまいます。
花を踏まない事はもちろん、不用意に近づかないように注意したいですね。

トキソウ
淡い紅色が、朱鷺の羽の色に似ているために名付けられました。
花の形から名付けられた訳ではありませんが、
小鳥が羽ばたいているようにも見えました。

トキソウ

[科名]ラン科 トキソウ属 多年草
[和名]朱鷺草  [別名]
[学名]Pogonia japonica
[花期]5~7月 [草丈]10~30cm


↓よろしかったら、ポチッと応援お願いします。

 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ   にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
 
関連記事

 【ト】 夏・赤花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。