花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイハイラン

サイハイラン
春の花達が姿を消し寂しくなった森の中で、見頃を迎えたサイハイランです。
むかし、戦国時代に武将が使った采配に似ているので名付けられた名前ですが、
遠目には、棒に着けたリボンが老けてボロボロになったように見えてしまいます。
サイハイラン
でも、よく見ると1つ1つの花は色鮮やかです。
細長い5枚の花ビラをもち、赤紫色の唇弁や中心に突き出た白いズイ柱など、
ちゃんとランの形をした花ですね。

サイハイラン
サイハイランは、北海道・本州・四国・九州に分布するラン科の多年草で、
山地のやや湿った林内や林縁などに自生しています。

サイハイラン
秋に笹に似た形の葉を1枚出すとそのまま冬を越し、
6月になると真っ直ぐ伸びた茎から10~20個の花を下向きにつけます。
葉は花が終わった後に枯れてしまいます。

冬に里山を散歩すると落ち葉に隠れたサイハイランの葉を見つけて、
春に咲く花を想うのが楽しみでした。

サイハイラン
大きくなった鱗茎は胸焼けや胃腸カタルに効く生薬として用いられ、
栗に似た味がしたので「ハツグリ」や「ハクリ」と呼ぶ地方もあるそうです。

サイハイラン

[科名]ラン科 サイハイラン属 多年草
[和名]采配蘭  [別名]ハクリ ハツグリ
[学名]Cremastra appendiculata
[花期]5~6月 [草丈]20~50cm


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ   にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
関連記事

 【サ】 春・赤花 夏・赤花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。