花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クサノオウ

クサノオウ

秋に林道を歩いていて黄色い花を見つけました。
葉や花の形はクサノオウのようでしたが、
花期が5~6月と図鑑に書いてあったので決めかねていました。
クサノオウ

ネットで調べても花の形はクサノオウそっくり!
やはりクサノオウと言うことでブログに載せたいと思います。
間違っていたらゴメンナサイね。

クサノオウ

クサノオウは、北海道から九州まで分布するケシ科の多年草で、
山麓や平地の日当たりの良い道端や草原に群生しています。

草丈は30~60cm、直径2cmほどの黄色い花を茎の先につけます。
花びらは4枚で中心にある1本のメシベが目立ちます。

クサノオウ

名前の由来は、皮膚病の「瘡」(湿疹)に良く効く事からクサノオウ(瘡の王)と名付けられたそうです。
別名をヒゼングサ(皮癬草)と言い、やはり皮膚病に効く薬草として用いられたからでしょう。

ケシ科のヤマブキソウと花の形が良く似ていますが、
葉の形が全然違いますし花も小さく茎の毛が目立つので見分けられます。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。