花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤハズエンドウ

ヤハズエンドウ
この花、学名はヤハズエンドウと言うそうです。
でも、カラスノエンドウの名前が一般的で、
以前は小学校の教科書にもカラスノエンドウと載っていたとか、
花オジもカラスノエンドウと覚えていました。
ヤハズエンドウ

ヤハズエンドウは、本州・四国・九州・沖縄に分布するマメ科の越年草です。
地中海原産の帰化植物で昔は食用に栽培されましたが、
今では雑草化して田の畦から草地、道端など日当たりの良い場所に生育しています。
 
ツル性植物ですが何かに巻き付いて伸びると言うより自立して育つ性質があり、
葉のつけ根に咲く赤い小さな花はあまり目立ちません。
今回は良く茂った葉を意識して写真を撮ってみました。

ヤハズエンドウ

ヤハズエンドウとは先端が少し窪んだ葉の形が、
弓矢の矢筈(弓矢の弓弦を受ける矢の根本の部分)に似ている事から名付けられました。
カラスノエンドウ(烏野豌豆)とは、果実(莢)が熟すと黒くなることから名付けられたそうです。

ヤハズエンドウ

[科名]マメ科 ソラマメ属 越年草(二年草)
[和名]矢筈豌豆  [別名]カラスノエンドウ
[学名]Vicia angustifolia   
[花期]3~6月 [草丈]50~150cm


 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ   にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
関連記事

 【カ】 【ヤ】 春・赤花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。