花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミドリニリンソウ

ミドリニリンソウ

今年もミドリニリンソウを探しに行きました。
昨年より2週間遅かったのでニリンソウも終盤、
だいぶ丈が伸びて実をつけ始めていました。
ミドリニリンソウ

注意深く草むらの中を探しますが、見つかりません。
やはり遅かったので散ってしまったかと諦めかけていたら・・、

あっ、咲いてました~。

1つ見つけると目が慣れるのか、次々に見つかるから不思議ですね。 

ミドリニリンソウ

キンポウゲ科の花はガク片が花びらのようになっているのが特徴で、
ニリンソウもガク片が白く花ビラのようになった花です。

ミドリニリンソウは何らかの変異で緑色に戻った、祖先帰りした花だそうです。
一説にはウイルスに感染しておこるとも言われています。
 
ミドリニリンソウ

花の形は様々、一部が萎縮して小さかったりギザギザになっていたりと不揃いな花が多いようです。
色も全体が緑色の花や一部だけ緑色になった花など個性的ですね。
毎年同じ花が緑色になるわけではないようで、
二輪の片方だけ緑色になった花もありました。
 
ミドリニリンソウ

ニリンソウの別な種類ではなく、
白くなれなかったニリンソウと言った方が良いかもしれませんね。

ミドリニリンソウ

[科名]キンポウゲ科 イチリンソウ属 多年草
[和名]緑二輪草  [別名] 
[学名]Anemone flaccida. forma viridis
[花期]3~6月 [草丈]15~30cm 

関連記事

 【ミ】 春・その他の色

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。