花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルリソウ

ルリソウ

山道を歩いていて、ルリソウを見つけました。
「ワスレナグサかな?」と思ったけど、たぶんルリソウだと思います。
なにしろムラサキ科の仲間は、
花の形が良く似ているので見分けるのがムズカシイ!
ルリソウ
ルリソウは、北海道・本州の中部以北に分布するムラサキ科の多年草です。
山地のやや湿った林内に生育しています。
宮城県の絶滅危惧Ⅱ類に指定され、土地の開発や盗掘で数を減らしています。

ルリソウ

鮮やかな青い花の色からルリソウと名付けられました。
先日紹介したキュウリグサに比べると素敵な名前を付けて頂きましたね。
ツボミは赤く、咲き始めると赤紫色になり、やがて青色に変化します。

花の大きさは1~1.5cmとワスレナグサより少し大きく、
キュウリグサに比べれば数倍は大きくなります。

花の中心は白くギザギザになっていて、中にシベが隠れています。
 
ルリソウ

まだ見た事はないのですが、福島県以南から九州に分布する仲間にヤマルリソウがあるそうです。
花の色が濃い青色で、直立した茎の途中から2つに分かれて花をつけるのがルリソウ、
花の色が淡い青紫色で、地面を這うように茎を伸ばして立ち上がるヤマルリソウだそうです。
 
ルリソウ

[科名]ムラサキ科 ルリソウ属 多年草
[和名]瑠璃草  [別名]
[学名]Omphalodes krameri  
[花期]4~6月 [草丈]20~40cm

関連記事

 【ル】 春・青花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。