花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣れますか~?

ウラシマソウ

杉林の中で釣り糸を垂れるウラシマソウ、
何が釣れるのかな~?
ウラシマソウ

ウラシマソウを見に近くの杉林に出掛けました。
昨年は沢山の花が咲いていたのに、今年は少しだけ・・・
同じ林内にあるトウゴクサバノオも花数が少なくて、ガッカリでした。

ウラシマソウ

ウラシマソウは、北海道南部・本州・四国・九州に分布するサトイモ科の多年草で、
林内や林縁のやや湿った場所に生育しています。

ウラシマソウ

長い茎を伸ばした上に10~17枚の小葉を鳥足状に広げた葉を1枚形成し、
葉の下に濃紫色をした大型の仏炎苞をつけます。
内部にある花序の先端から釣り糸のような付属体を長く伸ばします。

花の姿が釣り糸を垂れる浦島太郎に似ていることから名付けられました。

ウラシマソウ

林内に光が差し込み葉が輝いていたので、葉の部分を切り撮りました。

[科名]サトイモ科 テンナンショウ属 多年草
[和名]浦島草  [別名]   
[学名]Arisaema urashima
[花期]4~6月 [草丈] 30~50cm  

※ OLYMPUS E-PL1  ZD ED 70~300mm F4-5.6 ※
通常、三脚を使用するときはカメラの手ぶれ補正をオフにしますが、
雲台をゆるめて(ガクガクの状態)手ぶれ補正をかけたまま撮影しました。
やはり、ピントの甘い微妙にぶれた写真が多くなりました。
セオリー通りに使わないとダメなようですね。


関連記事

 【ウ】 春・その他の色

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。