花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祐舜さん、今年も咲いたね。

ユウシュンラン
里山でシュンランに続いて花を咲かせるユウシュンラン。

『今年も咲いてくれましたね~♪』

周辺の環境変化に極めて敏感な花なので、
毎年咲いている姿を見つけると、ホッとして嬉しくなります。
ユウシュンラン
ユウシュンランは、北海道・本州・四国・九州に分布するラン科の多年草で、
山地のやや湿った林内に生育する日本固有の野生ランです。

環境変化に極めて敏感なため全国的に数が少なくなっています。
環境省の絶滅危惧Ⅱ類(VU)・宮城県の絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

ユウシュンラン
ユウシュンランは、植物学者・工藤祐舜先生の功績を称えて名付けられた。

ギンランの変種で退化した葉が1~2枚つくのが特徴です。
花も小振りで草丈も10~15cmほど、
ギンランのミニチュアのような可愛らしい花ですね。

ユウシュンラン
最後の2枚は、昨年に別な山で見つけた花でした。
前後の背景に見える大きな葉は、チゴユリです。
他の草に隠れるようにヒッソリと咲いていました。
 
ユウシュンラン
[科名]ラン科 キンラン属 多年草
[和名]祐舜蘭 [別名]
[学名]Cephalanthera erecta var. subaphylla 
[花期]5~6月 [草丈]10~15cm 

関連記事

 【ユ】 春・白花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。