花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな森の妖精

ヒメフタバラン
今年もヒメフタバランが咲き始めました。
小さくて色の地味な花達は、落ち葉に隠れて目立ちません。
注意して探さないと見過ごしてしまいます。
気づかずに踏みつけたりしないように、
道を外れて歩くときは気をつけて下さいね。

ヒメフタバラン
5~6mmの小さな花は人のような形をしていて、
今にも森の中を飛び回りそう~~♪

ヒメフタバラン
花が落ち葉と同じような色で目立たないから、
フタバラン属の特徴である、
相対する2枚の葉を探した方が見つけやすいですね。

ヒメフタバラン
ヒメフタバランは、本州・四国・九州・沖縄に分布するラン科の多年草で、
山地の林床に育ち、宮城県が北限だそうす。

ヒメフタバランの名前は、茎の中間にある双葉から名付けられました。
ヒメは花が小さいからでしょうか、ほかの仲間達も花の大きさはあまり変わらないそうです。

ヒメフタバラン

[科名]ラン科 フタバラン属 多年草
[和名]姫双葉蘭 [別名]ムラサキフタバラン
[学名]Listera japomica 
[花期]3~5月 [草丈]5~20cm 


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
 よろしかったら、クリック応援お願いします。
関連記事

 【ヒ】 春・その他の色

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。