花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタクリ

カタクリ
蝶の野原にカタクリが咲いていました。
日当たりのよい草地は、太白山で一番早く開花します。

今回でかけたのはカタクリの花が見たかったから、
もう咲いている頃だろうと気になっていました。

カタクリ
カタクリは、北海道・本州・四国・九州に分布するユリ科の多年草
日当たりの良い落葉広葉樹林に群生しますが、芽が出てから花が咲くまで7年ほどかかります。
雪解けを待って長い眠りから覚め、
花を咲かせた後は融けるように消えてしまう、
『スプリング・エフェメラル』を代表する花です。

カタクリ
根にできる鱗片が栗を半分に割ったような形をしていることから片栗と名付けられました。
全草が食用になり、鱗片からは片栗粉が作られます。

古名のカタカゴ(傾籠)は、咲いている姿が籠を傾けたように見えることから名付けられたそうで、
カタカゴからカタクリに変化したとも言われています。

カタクリ
一番近くにある花に手を伸ばして下から撮りました。
こんな時はリコーCX1の出番です。
1cmまで寄れるマクロ撮りが重宝します。

カタクリ
カタクリの咲いている場所にはロープが張られているので近づけません。
写真も同じ方向から望遠レンズで撮るようになりました。
どの花も太陽のある左側を向いた写真ばかりですね。

[科名]ユリ科 カタクリ属 多年草
[和名]片栗  [別名]カタカゴ(古名)   
[学名]Erythronium japonicum
[花期]3~4月 [草丈] 10~20cm 

関連記事

 【カ】 春・赤花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。