花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルメンエビネ

サルメンエビネ
サルメンエビネは、県北の山友から情報をいただいて見に行った花でした。
咲き始めたばかりで満開ではありませんでしたが、
背が高く大きな葉を広げた姿は、「森の女王」のような風格のある花でした。
サルメンエビネ
サルメンエビネは、北海道・本州・四国・九州に分布するラン科の多年草で、
低山から深山の落葉樹林内に自生しています。

園芸用に採取され、全国的に数を減らしました。
東京都と三重県では絶滅、多くの県で絶滅危惧種に指定されています。

まさか宮城県内に自生する花を見られるとは思っていなかったので、
抱きつきたいほど嬉しかった花です。

サルメンエビネ
エビネの仲間では大型の花で、
花の中央の赤い部分が猿の顔に似ているのでサルメンエビネと名付けられました。

サルメンエビネ
[科名]ラン科 エビネ属 多年草
[和名]猿面海老根 [別名]
[学名]Calanthe tricarinata
[花期]5~6月 [草丈]30~50cm

環境省 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
宮城県 絶滅危惧Ⅰ類


関連記事

 【サ】 夏・その他の色 夏・赤花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。