花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンボソウ

トンボソウ
今年も猛暑やヤブ蚊に悩まされながら花探しをしました。
お目当てはヒッソリと咲くランの花達、
トンボソウも草に隠れるように目立たない花でした。
トンボソウ
トンボソウは、北海道・本州・四国・九州に分布するラン科の多年草で、
山地の湿った林内に生育しています。

草丈が20cmほど、5~6mmの小さな花で全体が淡い緑色をしています。
ほかの草に隠れるように咲いているため全く目立ちません。
見つけた時も別な花を探していたので、危なく踏んでしまうところでした。

トンボソウ
花の形がトンボに似ているので名付けられた名前だそうです。
花の株がT字形になっているのが特徴です。

似た名前の花にコバノトンボソウやオオバノトンボソウがありますが、
どちらもツレサギソウ属(トンボソウはトンボソウ属)で、
咲いている環境、花の大きさや形が全く違います。

トンボソウ
[科名]ラン科 トンボソウ属 多年草
[和名]蜻蛉草 [別名]
[学名]Tulotis ussuriensis
[花期]7~8月 [草丈]15~35cm




関連記事

 【ト】 夏・その他の色

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。