花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラネセンキュウ

シラネセンキュウ
10月初旬に里山で見つけた花です。
小型のシシウドのような花で、
同じ仲間のシラネセンキュウという花だそうです。
シラネセンキュウ
白い花はセリやシシウドに良く似ていて、
セリは春、シシウドは夏、
シラネセンキュウは秋と覚えればよいでしょうか。

実際は似たような花が他にもあるので、
そう簡単ではないようですね。(汗;)

シラネセンキュウ
シラネセンキュウは、本州・四国・九州に分布するセリ科の多年草で、
山地の沢沿いや湿った斜面などに自生しています。

1つの花は直径5mmほど、
シベを中心に5枚の白い花ビラがあるカワイイ花です。

白い花は、沢山集まって丸い小さな花序を作り、
いくつかの花序が広がって大きな花を形作っています。

シラネセンキュウ
花の部分をアップにすると、
小さな星が集まった小宇宙のようですね。

名前の由来は、
白根山で発見されたセンキュウに似た花だったからだそうです。
別名のスズカゼリ(鈴鹿芹)は、
鈴鹿山脈で見られるセリのような花の意味だそうです。

シラネセンキュウ
[科名]セリ科 シシウド属 多年草
[和名]白根川弓  [別名]スズカゼリ
[学名]Angelica polymorpha
[花期]9~11月 [草丈]80~150cm 
関連記事

 【シ】 秋・白花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。