スポンサーサイト

花オジ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by花オジ

オクモミジハグマ

花オジ

-
オクモミジハグマ
里山にオクモミジハグマが咲いていました。
カールした花が可愛いですね。
ヒッソリと咲く、素朴な野の花といった風情が好きです。
オクモミジハグマ
オクモミジハグマは、本州の近畿以北に分布するキク科の多年草で、
里山から亜高山帯までの薄暗い林内に育ちます。

葉はカエデの葉に似ていて茎の下部にまとまってあり、
中心から伸びた茎の上部に多数の花をつけます。

オクモミジハグマ
カールした丸い花に見えるのは、
5枚の花ビラと1本のシベからなる小花が3つ集まったもので、
細い花びらを数えると15枚あるのがわかります。

オクモミジハグマ
ハグマ(白熊)とはヤクの毛の事で、
戦国時代に槍や兜の飾りに盛んに用いられたそうです。

西日本に自生するモミジハグマは、
花をハグマに見立て、
葉の形がモミジに似ているので名付けられました。

オクモミジハグマは、
モミジハグマの変種で東日本に多く自生していたので名付けられたそうです。

オクモミジハグマ
秋に咲くハグマと呼ばれる仲間に、
オヤリハグマやカシワバハグマ、キッコウハグマなどがあります。
それぞれ、花や葉の形が違うので見分るのは容易です。

オクモミジハグマ
[科名]キク科 モミジハグマ属 多年草
[和名]奥紅葉白熊  [別名]   
[学名]Ainsliaea acerifolia var. subapoda  
[花期]8~10月 [草丈] 30~80cm



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。