花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金平糖のようなミゾソバの花

ミゾソバ
用水路の土手に咲いていたミゾソバです。
人が歩けないほどワシャワシャと茂っています。
ミゾソバ
1つの花を見ると、花ビラの先が桃色をした可愛い形をしています。
花が咲く前のツボミは、まるで金平糖のように見えます。
美味しい蜜があるのでしょうか、
ハナアブが盛んに飛び回っていました。 

ミゾソバ
ミゾソバは、北海道・本州・四国・九州に分布するタデ科の一年草で、
小川や池の周辺や用水路の土手などに生育し、よく群生しています。

茎には下向きに小さなとげがあり、
葉は卵形で基部の左右が尖った「ほこ形」をしています。

ミゾソバ
タデ科の花の特徴ですが、
花ビラに見えるのはガク片で花ビラはありません。
可愛い形なので、つい花ビラと言っちゃいますけどね。(笑)

ミゾソバ
ミゾソバの名前は、用水路や溝に繁殖していて
草の伸びた姿がソバに似ている事から名付けられました。
また、果実が三角形をしていて蕎麦に似ている説もあります。

別名のウシノヒタイは、葉の形が牛の顔に似ているから、
ツボミの形からコンペイトウグサの名前もあります。

ミゾソバ
[科名]タデ科 イヌタデ属 一年草
[和名]溝 蕎 [別名]ウシノヒタイ コンペイトウグサ   
[学名]Polygonum thunbergii     
[花期]8~10月 [草丈] 20~50cm


関連記事

 【ミ】 秋・白花 秋・赤花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。