花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞い上がれ~!

サワギキョウ
湿地にはサワギキョウも咲いていました。
もう終わり近くなって、咲いていたのは上の方だけ、
今年は見られないと思っていたので嬉しかった~♪
サワギキョウ
誰も来ないので、木道に座り込んで沢山写真を撮りました。
周囲はヨシが茂っているので花のアップばかりです。
見通しもきかないので、熊が来ても分かりせんね。(汗;)

サワギキョウ
サワギキョウは、北海道・本州・四国・九州に分布するキキョウ科の多年草
日当たりの良い山地の湿った草地や湿原に自生しています。
湿原の減少や盗掘により数を減らし、宮城県では絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

サワギキョウ
濃紫色の花は5つに大きく裂けていて、
2つに裂けて横に広がった上唇と、3つに裂けて飛び出した下唇に分かれています。
横から見ると花びらが元の所で繋がっているのが分かります。

サワギキョウ
花の中央から立ち上がる葯が、
長い首を伸ばした鳥の頭のように見え、
まるで翼を広げて舞い上がろうとする鶴のようです。

サワギキョウ
名前は、沢に咲く桔梗の意味、
そのままですね。

色は同じ紫色でもキキョウと花の形はずいぶん違います。
桧原湖で見つけたミゾカクシがミニ・サワギキョウのようで面白いですね。

サワギキョウ
[科名]キキョウ科 ミゾカクシ属 多年草
[和名]沢桔梗  [別名]   
[学名]Lobelia sessilifolia
[花期]8~9月 [草丈] 50~100cm 
関連記事

 【サ】 秋・赤花 夏・赤花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。