花好きオジさんのフォトブログ

里山や散歩で見つけた花の写真ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のサルビア

キバナアキギリ
キバナアキギリは、個性的な形の花ですね。
サルビアやセイジの仲間で、
日本のサルビアと名が付いています。
キバナアキギリ
キバナアキギリは、本州・四国・九州に分布するシソ科の多年草で、
里山から深山の林縁ややや湿った斜面や木陰などに育成しています。
 
キバナアキギリ
茎は四角形で全体に毛があります。
唇形の花は淡黄色をしていて、
大きく開いた花ビラから雌シベが長く飛び出しているのが特徴です。

キバナアキギリ
アキギリの仲間で黄色い花なのでキバナアキギリと名付けられました。
アキギリは、葉の形が桐の葉に似た秋に咲く花で、
本州中部から近畿に分布しているので東北地方では見られない花だそうです。
 
キバナアキギリ
[科名]シソ科 アキギリ属 多年草
[和名]黄花秋桐  [別名]
[学名]Salvia nipponica
[花期]8~10月 [草丈]20~40cm
関連記事

 【キ】 秋・黄花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。